« グッドナイト&グッドラック | トップページ | olinas »

ダ・ヴィンチ・コード

話題の「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました。
詳しくは、勝手に映画評で。
カンヌでは、イマイチの評価だったみたいですね。
でも、原作にほぼ忠実に映画化されていて、私は好感でした。
事前に本を読んでいた方が理解が進みます。
話が盛りだくさんなので、初めて見た場合、
ストーリーを追うのに大変だと思います。

|

« グッドナイト&グッドラック | トップページ | olinas »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ♪TB有難うございました♪

ホント、初見の方は苦戦する事必至ですね・・(--;)

冒頭のルーヴルもかなり飛ばしていて、フィボナッチ数列とか、岩窟の聖母を盾に警備員を脅すなんてシーンも無くて、原作を知ってても乗っかかりにくい所があったんですよね~。そこがちょっと残念です・・(汗

投稿: メビウス | 2006/05/20 21:15

こんにちは♪
TBありがとうございました。
「映画評」も読ませていただきました。
映画ならではの視覚的に見せるところも多く、楽しめましたね~。
キリスト教史など複雑ですが、回想を交えて親切に作ってあったと思います。

投稿: ミチ | 2006/05/20 19:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5824/10157775

この記事へのトラックバック一覧です: ダ・ヴィンチ・コード:

» 映画「ダ・ヴィンチ・コード」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。 ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教象徴学教授ラングドン(トム・ハンクス)と館長の孫で暗号解読官のソフィー(オドレイ・トトゥ)が解き明かしていくというストーリー。 ロン・ハワード監督作品はあまりハ�... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 19:45

» ダ・ヴィンチ・コード [悠雅的生活]
ダ・ヴィンチと 暗号と 薔薇… [続きを読む]

受信: 2006/05/20 19:47

» 超弾丸パリツアー 「ダ・ヴィンチ・コード」 [平気の平左]
評価:55点 ダ・ヴィンチ・コード 公開前に悪い噂しか聞かなかったので、かなり心配していたのですが、そこまで悪い映画でもないと思いました。 まぁ、よくもないんですけどね。 この映画は、例えるならば、「超豪華チャーター機で行く!パリ0泊2日の旅!!」って感じです。 まず、成田空港からパリに着きまして、モナリザで有名なルーブル美術館を通りかかります。 その後、ノー�... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 19:48

» 劇場鑑賞「ダ・ヴィンチ・コード」 [日々“是”精進!]
本日、「ダ・ヴィンチ・コード」を鑑賞してきました。世界で5000万部を超える大ベストセラーとなったダン・ブラウンの同名ミステリーを、「ビューティフル・マインド」のアカデミー賞監督ロン・ハワードが映画化。ストーリーは・・・パリのルーブル美術館で、高名な館...... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 19:57

» 『ダ・ヴィンチ・コード』 [*Sweet Days*  ~movie,music etc...~]
監督:ロン・ハワード CAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー フランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館長は、ルーブル美術館内で不可解な暗号を残し、死体となって発見される・・・・ ダン・ブラウン著の同名小説の映画化。全世界でベストセラーとなったこの作品の映画化と言うことで、今年度公開映画で最大の話題?ってぐらい賑わってます。 確かに原作は... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 20:28

» ダ・ヴィンチ・コード [Imagination From The Other Side]
ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教を巡る人類史上最大の秘密に迫るダン・ブラウンの同名世界的ベストセラーを映画化したミステリー・アドベンチャー。 主演は「レディ・キ...... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 20:50

» 【劇場映画】 ダ・ヴィンチ・コード [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が含まれていた。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが、館長の孫娘で暗号解読官のソフィーに助け出される。暗号の謎をときはじめるふたり。しかしそれは、歴史的真実を覆す謎解きのはじまりに過ぎなかった…。 (goo映画より) 初日... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 21:25

» 『ダ・ヴィンチ・コード』 歴史に隠された謎の行方。 [キマグレなヒトリゴト]
本を読んだのは遠い昔。すでに「犯人誰だったっけ?」という 情けないレベル。それでも見ているうちに思い出すし、 足りなかった映像という部分を補ってもらうことができた。 カンヌで酷評された作品。確かに長かったけど割りと飽きずに 見れました。 宗教的に、確かにこれ..... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 22:59

» ■ダ・ヴィンチコード■ [A級<C級<Z級]
全世界同時公開 のフレーズに踊らされて、初日の1回目を観てきました。 ・・・が? ダ・ヴィンチコード 「THE DAVINCI CODE」 2006年 アメリカ 監督 ロン・ハワード やはり映画化に [続きを読む]

受信: 2006/05/20 23:23

» 「ダビンチ・コード」解禁! カンヌ・カトリック・ソニー 騒動だ! [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
カンヌで話題 中国カトリックが反発! 全米でソニー製品不買運動と 世界同時公開から話題を呼んでいる ロンハワード監督 トム・ハンクス主演 「ダビンチコード」解禁プレミア・マスコミ試写会に 行って来ました。 朝8時30分からという 異例の完成披露試写会。 映画は、しっかりした作品に仕上がっています。 ただ、アクションなどの 見せる派手さがないため 2時間30分の上映時間は 少しきつかったです。 長い原作は 2時間30分でも表現が難... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 23:25

» ■週末の学び5/19「ダ・ヴィンチ・コード」〜波紋広がる中、いよいよ世界同時公開〜 [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
今年最大級のおすすめ作品が!!!  [続きを読む]

受信: 2006/05/21 06:14

» 劇場鑑賞「ダ・ヴィンチ・コード」 [日々“是”精進!]
本日、「ダ・ヴィンチ・コード」を鑑賞してきました。世界で5000万部を超える大ベストセラーとなったダン・ブラウンの同名ミステリーを、「ビューティフル・マインド」のアカデミー賞監督ロン・ハワードが映画化。ストーリーは・・・パリのルーブル美術館で、高名な館...... [続きを読む]

受信: 2006/05/21 07:42

» 「ダ・ビンチ・コード」  ~「最後の晩餐」の▽部分とは・・・ [∞最前線 通信]
 こんばんは、龍司です 今夜は・・・ いよいよ世界同時公開された話題の映画・「ダ・ビンチ・コード」 を 観ました(^^) ※毎度の事ながら0:00を過ぎ、日付が変わってますので 正確には昨日ですが(笑) レイトショーなのに、 いつもと違ってたくさんの人!... [続きを読む]

受信: 2006/05/21 14:58

» 『ダ・ヴィンチ・コード』について [一言居士!スペードのAの放埓手記]
『ダ・ヴィンチ・コード[:読書:]』がものすごく話題のようですが、昨日2時間の特番でほとんどバラしていた気もします[:楽しい:]。キリストに子孫がいるなどの結末は、本も映画も見ていない私でも知っていますが、正直、キリストに子孫がいると何でいけないのか、キリスト教徒で無い私にはよく分かりません[:?:]。 今回は『ダ・ヴィンチ・コード』について書きます。興味のある方は続きをクリックしてください[:飛行機:]。 ※ブログランキングに投票していただけると嬉しいです[:楽しい:]。(一日一回[:... [続きを読む]

受信: 2006/05/21 17:31

» 映画「ダ・ヴィンチ・コード」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年28本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「ビューティフル・マインド」「シンデレラマン」のロン・ハワード監督作品。ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリス...... [続きを読む]

受信: 2006/05/21 17:57

» 映画ダ・ヴィンチ・コード [ld_works]
 今年一番の話題作とあって映画ダ・ヴィンチ・コードを観てきました。  封切直後もあってか、とにかくスクリーン数や枠(劇場ごとの)が多  かったです。内容について前評判が色々ありましたが、個人的には  楽しめた良い映画でした。  宗教観の薄い日本人にはこの映画の驚愕すべき真実(映画中の話  ですが)が素通りしてしまう感がありました。  小説ではある程度伝わる部分が、この映画だと分かりにくかったか  もしれませんね。(小説を見ていない人には特に)  個人的映評★★★☆☆ ■... [続きを読む]

受信: 2006/05/22 13:38

» 原作読まなくても大丈夫!『ダ・ヴィンチ・コード』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
平日の最終22:15~で見たのだが...すごい#63895; ろくな席が残っていない。 『すごい人気だな~...でも、見終わって 面白いと思う人は何人いるんだろう?』と内心思っていました。 一部のブログで 「原作『ダ・ヴィンチ・コード』を読まないと理解できない#..... [続きを読む]

受信: 2006/05/23 14:17

» 「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイストで [soramove]
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★ トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロン・ハワード監督、2005年アメリカ ルーブル美術館の館長が殺害された。 彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描 「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...... [続きを読む]

受信: 2006/05/23 17:39

» 映画のご紹介(134) ダヴィンチ・コード [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(134) ダヴィンチ・コード-キリスト教がわからないから 評価できないのか。 それとも、ただ異教徒的なだけの 問題作なのか。 最近の映画は、映画そのものより公開前の宣伝に心....... [続きを読む]

受信: 2006/05/23 21:18

» ダヴィンチコードにズームイン! [アゴPの〈人生楽ありゃ蜘蛛膜下出血〉]
今年最大の話題作「ダヴィンチコード」をさっそく鑑賞。 流行りモンには目がない俺。ミーハー気質をいかんなく発揮しちゃいました(^◇^;) カンヌで漏れた失笑など…前評判のよくない今作品。 こういう作品って期待度が高いばっかりに、やれ「原作に忠実でない」だの...... [続きを読む]

受信: 2006/05/24 13:04

» ★ダ・ヴィンチ・コード@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ:5/27(土) [映画とアートで☆ひとやすみひと休み]
私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答 [続きを読む]

受信: 2006/05/28 20:52

» 映画 「ダ・ヴィンチ・コード」 [NAOの日記 2006]
映画「ダ・ヴィンチ・コード」を観てきたので感想を。 ダ・ヴィンチ・コード◇06年、アメリカ。ロン・ハワード監督。ルーヴル美術館での殺人事件を発端に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に隠された暗号を解き明かし、事件の裏に秘められたキリスト教をめぐる人類史上....... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 12:51

» その髪型に異議あり!【ダ・ヴィンチ・コード】 [犬も歩けばBohにあたる!]
良くも悪くも、今一番評判になっている「ダ・ヴィンチ・コード」を見た。 世界で5 [続きを読む]

受信: 2006/06/07 17:26

» ダ・ヴィンチ・コード/ダン・ブラウン [文学な?ブログ]
「ダ・ヴィンチ・コード」は、映画では描ききれないであろう豊富な知識と、綿密なプロットに支えられたエンターテイメント小説です。当初は映画を観るつもりでしたが、小説を読んで正解だったと思います。 キリスト教の聖杯伝説に関する記述は、ストーリー展開以上に面白く、特に宗教の知識が薄い私にとって非常に新鮮でした。モナ・リザや最後の晩餐の絵画についても、素直に面白いと思える内容でした。 物語は、ルーブル美術館の館長が殺害されるところから始まります。その日に館長と面会予定だったラングドン教授と、館長の... [続きを読む]

受信: 2006/06/14 01:58

» 「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイストで [soramove]
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★ トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロン・ハワード監督、2005年アメリカ ルーブル美術館の館長が殺害された。 彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描 「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...... [続きを読む]

受信: 2006/06/23 00:20

« グッドナイト&グッドラック | トップページ | olinas »