« 博多もつ鍋 小鉄 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

グッドナイト&グッドラック

「グッドナイト&グッドラック」見てきました。
今時、全編モノクロと言う映画ですが、
こう言うテーマだと、かえって良いかもしれないですね。
詳しくは、勝手に映画評で。

|

« 博多もつ鍋 小鉄 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5824/10150842

この記事へのトラックバック一覧です: グッドナイト&グッドラック:

» 『グッドナイト&グッドラック』 [ラムの大通り]
----この映画アカデミー賞6部門ノミネートニャんだって? えっ、監督がジョージ・クルーニー。本当? 「うん。共同脚本に出演も兼ねている。 で、製作総指揮が今や彼の盟友スティーブン・ソダーバーグ」 ----いつの時代のお話なの? 「1950年代のアメリカ。 そこではマッカーシー上院議員による“赤狩り”旋風が吹き荒れていたんだ。 この後遺症は今でも残っていて エリア・カザン監督はアカデミー名誉賞を授与されながら、 �... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 11:49

» 「グッドナイト&グッドラック」 [てんびんthe LIFE]
「グッドナイト&グッドラック」 「政治とジャーナリズム」シンポジウムつき試写会 ニッショーホールで鑑賞 アカデミー賞の監督賞にノミネートされたジョージ・クルーニー監督第2作目。これだけで見に行く価値はあると思われました。が、私にはちょっと内容が難しすぎました。第2次世界大戦終戦後のアメリカの社会において共産主義者を排除するためにリストラがあったりしたときに政治や権力者の圧力に負けず、TVのニュース・キャスターとして立ち向かったエド・マローとその仲間たちの実話に基づいた物語。時は1950年代。何... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 11:50

» 真のジャーナリズムとは 「グッドナイト&グッドラック」 [平気の平左]
評価:75点{/fuki_suki/} グッドナイト&グッドラック ジョージ・クルーニー監督作品。 すごい社会派の作品ですね。 戦後赤狩りと言われる共産党を弾圧する活動に対して、異を唱えたニュースキャスター、エド・マローの話。 エド・マローを演じるデヴィッド・ストラザーンがカッコよすぎ。 あんなカッコよくタバコを吸える人はなかなかいません。 明確な証拠もなく適正手続に則っていないという、�... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 13:45

» 映画のご紹介(132) グッドナイト&グッドラック [ヒューマン=ブラック・ボックス]
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(132) グッドナイト&グッドラック-アメリカの建前は 日本の建前と違う。 それは、当たり前だ。 「アメリカ」に対するイメージは人それぞれだ。 「自由の国」「正義の国」「一攫千金....... [続きを読む]

受信: 2006/05/20 16:55

» 映画「グッドナイト&グッドラック」ジョージ・クルーニー/監督 [スチャラカランナーの日々]
 映画「グッドナイト&グッドラック」観てきました。  監督はジョージ・クルーニー、プロデュースは「エリン・ブロコビッチ」などの監督のスティーブン・ソダーバーグ。  「オーシャンズ11」などではジョージ・クルーニーがプロデューサーを務めたりしていましたが、コンビのようによく組んでいます。  ストーリーは、赤狩りが行われていた当時CBSテレビのキャスター「エド・マロー」は急先鋒であるマッ�... [続きを読む]

受信: 2006/05/21 13:27

» これもまたハリウッド映画、「グッドナイト&グッドラック」 [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 映画の本質とは関係ないが、1950年代のテレビキャスターは堂々とタバコをふかしながら、カメラに向かってしゃべっていたんだ、とちょっぴりびっくりした「グッドナイト&グッドラック」(ジョージ・クルーニー監督)。今では考えられないほど、放送局は紫煙いっぱいの....... [続きを読む]

受信: 2006/05/31 18:06

« 博多もつ鍋 小鉄 | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード »